材料3つで「アイスクリーム」が作れるって本当?3才児と作れるレシピ

レシピ
この記事は約7分で読めます。

こんにちは、ふらおです(^^)

今回は「たった3つの材料だけで”手作りアイスクリーム”ができちゃう超簡単レシピ」を紹介します!

子どもがアイスクリーム大好きなんだけど、市販のものを買っていると出費がバカにならなくて…。家で簡単に作れないのかな?

うちの子どもはアレルギーがあって、市販のアイスクリームを食べられないんだよね…。安心して食べられるアイスを作ってあげたいな…。

こんなお悩みがある方には、きっとお役に立つ記事となっていますので、ぜひ最後までお付き合いください(^^)

スポンサーリンク

材料3つ!生クリームだけ買って来て!

今回ご紹介するレシピは、なんと材料が3つだけ!手間的にも経済的にもハードルが低いですよ(^^)

材料はこちら↓

… 3個
砂糖 … 50g
生クリーム … 200ml
どうでしょう?生クリーム以外の卵・砂糖は、家に常備してあるという方も多いのではないでしょうか(^^)

なお、砂糖が茶色なのは、我が家は「てんさい糖」を使っているためです(ミネラル豊富!)。一般的な白砂糖で全く問題ありません。

 それでは、次の項で詳しい作り方を見ていきます(^^)

スポンサーリンク

“まぜる×4”で完成!

まず、作り方のおおまかな流れはこのとおり↓

材料をボウルに分けて入れる→まぜる×4→冷やす

なんと超シンプルな3ステップでできちゃいます(^^)

子どもができる作業も多いので、お子さんと一緒にお菓子作りを楽しめますよ(^^)

それでは各ステップを詳しくみていきましょう!

Step1 材料をボウルに移す!

まずはボウルを3つ用意します。真ん中に一番大きいサイズのボウルを置くと、後々作業がはかどります(^^)

続いて、以下のとおり材料をボウルに移していきます↓

のボウル…卵白
真ん中のボウル(一番大きいボウル)…生クリーム
のボウル…卵黄砂糖
この順番が後からジワジワ効いてくるので、ひとまず言われるがまま材料を移してくださいね(^^)

Step2 まぜる♪

それではハンドミキサーを使って各ボウルをまぜていきましょう!

まずは左のボウル(卵白)から!角が立つくらいまでまぜてください(^^)

続いて真ん中のボウル(生クリーム)!こちらも角が立つくらいまでまぜます(^^)

続いて右のボウル(卵黄&砂糖)!こちらは砂糖がしっかりと溶けるまでまぜます(^^)

この順番(卵白→生クリーム→卵黄&砂糖)でまぜると、ハンドミキサーを途中で洗わず、そのまま最後までまぜられるのでオススメ(^^)ボウルの順番をうるさく指定したのは、これが理由です!

では、3つのボウルの中身を合わせていきます!まぜる順番は次のとおり↓

右のボウル(卵黄と砂糖)を真ん中のボウル(生クリーム)に入れてまぜる
・そのボウルに左のボウル(卵白)を入れてまぜる

まぜる際は、グルグルまぜるというよりも、切るようにさっくりとまぜるのがポイント(^^)

(まずは生クリームに卵黄&砂糖を入れてまぜる)

(続いて卵白を入れてまぜる)

最終的に真ん中のボウル(生クリーム)にすべての材料が集合することになります。冒頭で”一番大きいボウルを真ん中に!”と指定したのは、これが理由でした(^^)

Step3 容器に移して冷やす!

では、Step2で作ったものをタッパーなどに流し込みます。

そして、フタをして冷凍庫へ!

半日ほど冷やせば完成です(^^)

さぁ、食べよう♪

冷凍庫から容器を取り出し、スプーンなどですくってお皿へ!

見事にアイスクリームになっています(^^)

しかも大量にできるので、しばらくアイスクリーム食べ放題!

ふらた(息子)も美味しそうに平らげていました(^^)

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか?

材料3つだけで作れて
・ほぼ「まぜる」だけの作業を繰り返すだけで
アイスクリーム食べ放題が実現できる!
そんな“手作りアイスクリーム”のレシピをご紹介しました。
使用する材料がシンプルなので、食品添加物に反応してしまうお子さんでも、美味しく召し上がってもらえるかもしれません(もちろん初めて食べる際は、少しずつに様子をみながらにしてくださいね)。

簡単に市販のアイスクリームの味を再現できるので、ぜひ今度のお休みの日に、子どもさんと一緒に作ってみてくださいね!

ちなみに、我が家が使っているハンドミキサー兼ブレンダーはこちらです↓十分なパワーでコスパも◎コストコで買いましたが、ネットでも買えるようです(^^)

今回は以上です!アナタのおすすめレシピ(超カンタンor洗い物が少ないものがGOOD)があれば、ぜひコメント欄で教えてください(^^)

それでは、また!

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました