3歳児と作る!かんたん”きなこボール”のレシピを公開!(ねんど遊びみたいで楽しい!)

レシピ
この記事は約4分で読めます。

こんにちは、ふらおです(^^)

今回は、「まるで”ねんど遊び”!3歳児も楽しめる”きなこボール”のレシピ」を紹介します!

遊び感覚でお菓子作りがしたいけど、いいレシピはあるかな?

お菓子作りはしたいけど、洗い物を最小限に抑えたいな…。

こんなお悩みをバッチリ解決できる記事となっているので、ぜひ最後までお付き合いください(^^)

スポンサーリンク

材料はたった4つ!

“きなこボール”って、名前からして作るの面倒くさそうなんだけど…。

 

大丈夫、心配ご無用です(^^)

今回紹介するレシピはなんと

たった4つの材料だけで作れます!

必要な材料はこちら↓

小麦粉(薄力粉) … 70g
砂糖 … 20g
きな粉 … 10g
オリーブオイル(またはサラダ油) … 30g
(オリーブオイルを写真に入れるのを失念しました(^-^;))

作り方も非常にシンプルなので、料理が苦手な方でも簡単に作れますよ(^^)

なお、砂糖が茶色なのは、我が家は「てんさい糖」を使っているためです(ミネラル豊富!)。一般的な白砂糖で全く問題ありません。

スポンサーリンク

作り方はカンタン!ねんど遊びみたいで楽しい!

ふむふむ、材料は4つだけか。そしたら、次は作り方を教えて!

おおまかな流れはこのとおり↓

こねる→丸める→焼く

なんと超シンプルな3ステップでできちゃいます(^^)それに、こねたり丸めたりは、“ねんど遊び”みたいなので、子どもと一緒に楽しめますよ!

それでは各工程を詳しくみていきましょう!

工程1 洗い物を減らす魔法の装置をセット!

まずは、洗い物を減らすため“魔法の装置”をセットしましょう。

“魔法の装置”というのは、こちら↓

“装置”っていうほども装置感ないけど…。

そうですね、少し大げさな表現でした(^-^;

タッパーやお椀に、厚手のビニール服をかぶせるというシンプルなものですが、これにより

ボウルやブレンダーなどの調理器具を使わずに生地を作ることができます!
どういう風に使うのか…、この後の工程で説明します(^^)

工程2 材料を全部入れてコネコネ♪

では、作っていきましょう!

まずは、工程1で準備したビニール袋の中に、材料をすべて入れます。

この際、はかりで重さを測りながら材料を入れると便利です(^^)

そして、タッパーから袋を取り出し、軽く口を結んで…コネコネ開始!

ふらた(息子)の得意な作業のひとつ!この作業はお任せ(^^)

全体が均一に混ざれば(こんな感じ↓になれば)OK!

工程3 くるくる丸める!

できあがった生地を食べやすい大きさにちぎって、手でくるくると丸めていきます。

くるくる…

ぽん!

見事なまん丸!この調子でドンドン丸めていって…、ってあれ?

気づいたら、長細いものや小判型もできてる(^^;

長細いものは「ヘビ」「カギ」、小判型のものは「ブーブー(車)」だそうです。子どもの想像力&創造力は本当に豊かだなあ、と感じました(^^)

工程4 焼く♪

丸めた生地をクッキングシートに並べたら、170℃に予熱しておいたオーブンで15分ほど焼きます。

焼き上がりはこんな感じに↓

すぐに触ると崩れやすいので、冷めるまでしばらく放置

冷めると食べやすい硬さになります(^^)

さぁ、食べよう♪

きな粉の香りが楽しい“サクほろ”食感のボーロのようなお菓子が完成です(^^)

ふらたも満足げです(^^)

それにしても、いろんな形ができあがったなあ。

カンタンで楽しいお菓子作りは、人を幸せにしますね(^^)

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか?

・たった4つの材料だけで
・ねんど遊びみたいで楽しくて
・洗い物も少ない(オーブンの鉄板のみ!)
そんな”きなこボール”のレシピをご紹介しました。

これなら作れそう!と思ってもらえれば幸いです(^^)

洗い物が超少ないのもうれしいポイント!

ぜひ、今度の休日に、お子さんと作ってみてください!

 

 

アナタのおすすめレシピがあれば、ぜひコメント欄で教えてください(^^)

それでは、また!

 

 

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました