3歳児も楽しめる!”まぜまぜチャーハン”のレシピを紹介!

レシピ
この記事は約4分で読めます。

こんにちは、ふらおです(^^)

今回は、「3歳児と一緒に楽しみながら作れる”まぜまぜチャーハン”のレシピ」を紹介します!

子どもには将来、料理好きになってもらいたいなあ。小さい時から料理に慣れ親しんでもらいたいけど、いいレシピが思いつかないな…。

子どもの遊び相手をしながら、隙をみて料理を作るのが大変で…。子どもと一緒に作れるレシピを知りたいな…。

 

こんなお悩みをお持ちの方にとって、きっと有益な記事となっていますので、ぜひ最後までお付き合いください(^^)

スポンサーリンク

“まぜまぜ”で楽しい&慌てない!

チャーハンって、溶き卵を入れるタイミングが難しかったり、パラパラに仕上げるのが難しかったり…子どもと一緒に作るのには向いてない料理のように感じるけど…。

 

大丈夫、心配ご無用です(^^)

今回紹介するレシピは、あらかしめご飯と卵と調味料を”まぜまぜ”しておくので…

・炒めながらアレコレ作業する必要がない
・”まぜまぜ”によりお米がコーティングされることで、自然とパラパラの仕上がりに!
・”まぜまぜ”の作業は子どもも楽しめるので、一緒に料理ができる!

一石三鳥の”まぜまぜチャーハン”。早速、必要な材料(3人前)を確認していきましょう!

白ご飯 … 3膳
… 3個
マヨネーズ … 大さじ2
創味シャンタン(ウェイパーでもOK) … 小さじ2
しょうゆ … 小さじ2
塩こしょう … 最後に味を見ながら足す
ねぎ … 好きなだけ
具材 … 好きなものを好きなだけ(水っぽいのは避けるべし)

さいあくネギと具材はなくてもOK!栄養が偏るけど、たまにはそういうのもアリでしょう(^^)

スポンサーリンク

作り方はかんたん!子どもと一緒に!

材料はOK!作り方を教えて!

おおまかな流れはこのとおり↓

まぜまぜ→炒める→具材を投入→炒める

炒める作業を子どもに任せられるか(もちろんが親が見守りつつ)は、各家庭により判断の分かれるところかと思います。我が家では、私が横について、炒める作業もふらた(息子)に任せています(^^)

というわけなので、場合によっては「ほとんど子どもにお任せ!」という家庭も出てくるかもしれない、そんなレシピです!

それでは各工程を詳しく紹介していきます!

 

工程1 まぜまぜ!

まずは、次の材料をボウルに入れて…

・白ご飯
・卵
・マヨネーズ
・創味シャンタン(ウェイパーでもOK)

まぜます!

お米ひと粒ずつがそれぞれ卵でコーティングされるまで混ぜるのがポイント!

お米のダマができていないかをチェックして、問題なさそうであれば

・しょうゆ
を投入し、さらに混ぜます!
ちなみに、この時点で味見をしてみてください。既においしいです(^^)ちょっと特別な卵かけご飯って感じです。

工程2 炒める!

では、炒めていきましょう!

中火でじっくりがポイント!

焦って強火にしてしまうと、お米とお米がくっついて焼きあがってしまいます。

じっくりじっくり炒めると、だんだんパラパラしてきます!

 

工程3 具材を投入!

パラパラしてきたかなあ、というところで、準備しておいた具材を投入しましょう!

今回は「豚こま200g」で作ってみました。焼き豚やカニカマでも美味しそう(^^)

具材に火が通ったかなと思ったら、ネギを投入!

かなり上空から豪快に投入!まったくこぼさない、まさかの命中率のふらた(^^)

彩りが加わりましたね(^^)

工程4 炒める(仕上げ)

強火にかえて最後の仕上げ炒めをしていきます!

ネギがしんなりしたら味見をして、お好みで塩コショウを足してください(^^)

さあ、食べよう♪

以上で完成です!

お皿に盛りつけて、アツアツのうちに召しあがってください(^^)

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか(^^)

・炒めながらの作業が最少限!
・自然とパラパラな仕上がり!
・子どもと一緒に作れる!
そんな“まぜまぜチャーハン”のレシピをご紹介しました。

「今度子どもと一緒に作ってみよう!」と思ってもらえれば幸いです(^^)

 

アナタのおすすめレシピがあれば、ぜひコメント欄で教えてください(^^)

それでは、また!

 

 

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました