3歳児とできるクッキー作り!材料3つの超かんたんレシピを紹介(洗い物めっちゃ少ない!)

レシピ
この記事は約5分で読めます。

こんにちは、ふらおです(^^)

今回は、「3歳児と一緒に楽しみながら作れるクッキーのレシピ」を紹介します!

洗い物もほとんど出ず、材料さえ準備すれば気楽に作れるので、とてもオススメです(^^)

休みの日に子どもと何をして過ごすか悩むよ…。かといって料理を一緒にするのはハードル高いしな…。

子どもと一緒にお菓子作りをしたいけど、台所が散らかったり、洗い物がたくさん出るのは正直ツラいかも…。

こんなお悩みをお持ちの方には、うってつけの記事となっていますので、ぜひ最後までお付き合いください(^^)

スポンサーリンク

材料はたった3つ!

クッキー作りって、なんだか大変そう!いろんな種類の材料を買いに行くのも骨が折れるよ…。

 

大丈夫、心配ご無用です。

今回紹介するレシピはなんと

たった3つの材料だけで作れます!

必要な材料はこちら↓

・小麦粉(薄力粉) … 120g
・砂糖 … 40g
・バター(またはマーガリン) … 60g

以上です!きっと家に在庫があるでしょう(^^)

もし在庫がなくても、この3つくらいなら買う手間もほとんどありませんよね(^^)

なお、砂糖が茶色なのは、我が家は「てんさい糖」を使っているためです(ミネラル豊富!)。一般的な白砂糖で全く問題ありません。

スポンサーリンク

作り方は超かんたん!そして楽しい!

材料3つだけなのはありがたい!けど、作り方が難しかったり、台所が汚れるのはなるべく避けたいよ…。

大丈夫、心配ご無用です。(2回目)

作り方はとてもシンプルで

手もほとんど汚れないうえに、洗い物もほとんど出ません

おおまかな流れはこのとおり↓

こねる→のばす→型を抜く→焼く

どの工程も、子どもが興味を持ちやすい作業のため、慣れれば親はほとんど見守るだけです(^^)

それでは各工程を詳しく紹介していきます!

 

工程1 洗い物を減らす魔法の装置をセット!

まずは、洗い物を減らすため”魔法の装置”をセットしましょう。

“魔法の装置”というのは、こちら↓

“装置”っていうほども装置感ないけど…。

そうですね、少し大げさな表現でした(^-^;

タッパーやお椀に、厚手のビニール服をかぶせるというシンプルなものですが、これにより

ボウルやブレンダーなどの調理器具を使わずにクッキー作りが可能になります!
どういう風に使うのか…、この後の工程で説明します(^^)

工程2 小麦粉と砂糖をフリフリ♪

では、作っていきましょう!

まずは、工程1で準備したビニール袋の中に、小麦粉と砂糖をすべて入れます。

この際、はかりで重さを測りながら材料を入れると便利です(^^)

そして、タッパーから袋を取り出し、軽く口を結んで…レッツ!フリフリ!

ここは子どもの得意な作業(^^)お任せしてしまってOKですね。

このフリフリ作業によりダマをなくします。粉をふるいにかける手間が省けてGOOD。

工程3 バターを入れてコネコネ♪

次に、フリフリした袋の中に、バターを入れます。

この際、バターを電子レンジ(500W)で5~10秒くらい温めてから袋に入れると混ざりやすくなります(^^)

そして、バターを入れた袋の口を軽く結び…レッツ!コネコネ!

これも子どもの得意な作業(^^) お任せしちゃいましょう!

最後の仕上げは大人が手伝い、粉っぽさがなくなればOK!イメージはこんな感じ↓

粉っぽさなかなかなくならない場合は、オリーブオイル(またはサラダ油)を小さじ1~2程加えてもOK(^^)

これで生地が完成です!

工程4 のばす♪

クッキングシートのうえに袋から取り出した生地を置き、めん棒でのばしていきます。

5mm程度の薄さにのばすのがオススメです(^^) 食べやすいですし、火の通りがよいです。

工程5 型を抜く♪

のばした生地を型で抜いていきます。ここは子どもが一番楽しめる工程かもしれませんね(^^)

型抜きを持っていない方は、食べやすい大きさに包丁で切るだけでもOK!

子ども用の包丁があれば、子どもも切ることに挑戦できますね(^^)

型抜きの種類を多くすればするほど、子どもは楽しく、大人は洗い物が大変になる…。なんとも難しい問題です(^^)

工程6 焼く♪

型抜きした記事をクッキングシートを敷いた鉄板の上に並べます。

並べる段階で型崩れしてしまったものも多数…。これもまた楽しいですね(^^)

そして、170℃に予熱しておいたオーブンで15分ほど焼きます。焼き具合を見て、2~3分ほど追加で焼くなどの調整をするとよいです(^^)

焼き上がりはこんな感じに↓

さぁ、食べよう♪

このレシピで作ると、”ザクザク”というよりも“サクほろ”という感じの、絶妙な食感のクッキーができあがります(^^)

ふらた(息子)とふらこ(妻)には気に入ってもらえました(^^)

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか?

・たった3つの材料だけで
・子どもも挑戦しやすい作業だけで
・洗い物も少ない
そんなクッキーのレシピをご紹介しました。

これなら作れそう!と思ってもらえれば幸いです(^^)

なお、洗い物は「めん棒」と「型抜き」、あとはオーブンの「鉄板」くらいです。型抜きを使わず包丁で切る場合は、もっと洗い物を減らせそうですね(^^)

ぜひ、今度の休日に、お子さんと作ってみてください!

 

アナタのおすすめレシピがあれば、ぜひコメント欄で教えてください(^^)

それでは、また!

 

 

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました