え、簡単すぎる…!3才児と作れる”バスク風チーズケーキ”のレシピ【コンビニで買わなくなる】

レシピ
この記事は約5分で読めます。

こんにちは、ふらおです(^^)

今回は「超簡単なのにメッチャおいしい”バスク風チーズケーキ”のレシピ」を紹介します!

ロー〇ンで売っている「バ〇チー」めっちゃ美味しいよね!ドカ食いしてみたいけど、結構値段が高いから無理だよね…。

オシャレな手作りスイーツを作ってみたいけど、料理は苦手で…。簡単なスイーツレシピを誰か教えて~!

こんな方にはうってつけの記事となっていますので、ぜひ最後までお付き合いください(^^)

最後まで読めば、もうコンビニで「バ〇チー」を買うことはなくなると思います(^^)

スポンサーリンク

材料が意外と少ないのがうれしい!

バスク風チーズケーキって色んな材料が必要そう…。あまりに材料が多いと、準備するのが面倒なんだけど…。

 

大丈夫!必要な材料は、以外にもそれほど多くありません。それに、ほとんど家にあるものばかりです(^^)

材料はこちら↓

牛乳 … 200ml
… 2個
薄力粉 … 15g
砂糖 … 70~100g(市販の味を再現したい→100g。甘さ控えめ→70~90g)
クリームチーズ … 200g
どうでしょう。クリームチーズ以外は、家庭に常備されている食品ばかりではないでしょうか(^^)

なお、砂糖が茶色なのは、我が家は「てんさい糖」を使っているためです(ミネラル豊富!)。一般的な白砂糖で全く問題ありません。

スポンサーリンク

まぜて!焼く!子どももできる楽しい作業!

クリームチーズだけ買いに行けば材料の準備はOK!それじゃあ、次は作り方を教えて!

おおまかな流れはこのとおり↓

まぜる→焼く

なんと超シンプルな2ステップでできちゃいます(^^)

ほとんどの作業が子どももできるものなので、ほぼ任せっきりで親は横で見守るだけでOKかもしれません(^^)

それでは各ステップを詳しくみていきましょう!

スポンサーリンク

Step1 材料を容器に入れる!

最終的にはすべての材料を一度にまぜるのですが、まずは、まぜやすいようにクリームチーズを小さく切ります。

クリームチーズは子ども包丁でも切れる硬さなので、ふらた(息子)にお任せ。

上手に切れました(^^)

続いて、各材料をフードプロセッサーに入れていきます。まずはクリームチーズと牛乳。

こぼさないように…そーっと、そーっと。

次に卵を割り入れます。我が家では殻を割る作業も、ふらたに任せています(^^)

次に小麦粉…。もう容器からあふれそうですが、こぼさないように…。

最後に砂糖。もう容器からあふれ出しそう…!

こぼすことなく、全ての材料をフードプロセッサーの容器に入れることができました(^^)ふらた、よく頑張りました!

そーっと慎重に何かをすることは、自制心を養うのに効果的なんだとか。この作業でだいぶ鍛えられました(^^)

なお、フードプロセッサーやミキサーでなくても、ボウルなどに材料を入れブレンダーで混ぜるのでもOK!我が家もいつかブレンダー買いたいな。

Step2 まぜる♪

では、まぜましょう!といってもボタンを押すだけですが(^^)

うぃ~ん!っとやっていると…

やっぱりあふれ出ちゃいました(^^;

毎回こうなるので織り込み済みですが、初めて作る方は、あふれないよう気を付けてくださいね(^^)

これにて生地が完成です!

Step3 焼く!

それでは、あふれるほどの生地を、型に移して焼きましょう!

ケーキ用の丸い型があれば、それを推奨しますが、我が家にはないので、食パン用の四角い型で代用しています。要はなんでもOKです(^^)

一度クシャクシャっと丸めたクッキングシートを、型に敷きます。

そこに、生地を流し込んでいきます!

こぼしたら大惨事なので、「この作業はお父さんがするよ」と伝えたものの、「自分でやりたい!」と激しく主張するので、ふらたに任せることに。

こぼさないでくれよ…。つい手が出そうになるのを必死に見守ると…

見事にこぼすことなく、生地を流しいれることに成功!ふらた、すごい。自制心が強烈に養われたことでしょう(^^)

型に流しいれた生地を、210℃で予熱したオーブンで25分焼きます。

ご家庭のオーブンごとに焼き加減が異なるので、まずは20分程度焼いてみて、焼き色がついていないようなら5分ほど追加するというのがおすすめです(^^)

焼き上がりは、こんな感じに↓

バスク風チーズケーキ特有の茶色い焼き色が見事につきましたね(^^)上出来です。

さぁ、食べよう♪

焼きあがり直後は生地がゆるいので、粗熱が取れてからしばらく冷蔵庫で冷やしましょう。

冷蔵庫で冷やすと生地がしっとりして、市販のバスク風チーズケーキと同じ食感になりますよ(^^)

冷やしてからクッキングシートをはがしたら、こんな感じ↓

厚焼き玉子みたい(^^)

断面はこんな感じ↓しっとり&ずっしり感。

かなりの量ができるので、家族3人で2日分くらいのおやつになるかなと思います(^^)

おいしそうに食べるふらた。自分で作ったものを食べるのというも貴重な経験ですね(^^)

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか?

・ほとんど家にある材料だけで作れて
火を使わないので安心で
・まぜて焼くだけでお店の味を再現できる!
そんな“バスク風チーズケーキ”のレシピをご紹介しました。
自宅で手軽に「バ〇チー」が作れるので、もうコンビニに行く必要はなさそうですね(^^)
一度にたくさんの量が作れるので、「ドカ食いしたい!」という方にもピッタリです(^^)

いつか「チョコレート味」にもチャレンジしたいと思っています!

今度のお休みの日に、子どもさんとぜひ一緒に作ってみてくださいね!

それでは、また!

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました